お役立ち情報

USJの手荷物検査の実態を暴露… 持ち込み検査は恐れることはない

 

2019年9月現在、私が体験したUSJの手荷物検査について情報をシェアできたらと思います。
一応、大切なことなので注意事項を先に掲載させていただきます。

 

当サイト掲載の情報で何らかの損害を被った場合、一切の責任は負いかねますのでご注意ください

 

これ系の文言は掲載したくないんですが、念のためということでご理解ください。
話が逸れました、それでは本題をスタートです!

 

 

USJ手荷物検査の実態!2019年9月更新 #ユニバ

 

もう完全にUSJパーク入場前の手荷物検査は、定着化した印象です。
ということで、2019年9月現在の手荷物検査の現状をレポートします。

 

 

 

手荷物検査は、やっぱり持ち込み荷物を全て検査される

 

2019年9月に体験した手荷物検査では、

 

  • 手荷物の中身と重量を確認
  • カバンの中身を目視で確認

 

この2つが主です。

 

疑わしいものがあれば、持ち主の許可を得て

 

  • カバンの中に手を入れて調べる
  • 荷物を取り出してカバンの底まで目視で調べる

 

こんな感じ。
状況次第で『 カバンの中身を全部出してください 』と指摘されることもありそう。

 

ただ、私は今回の入場では、そこまで指摘されることはありませんでした。
検査開始以降、大きな混乱を避けるためか『 カバンの底まで検査 』されることは少なかったですが、2019年9月現在は念入りにといった印象。

 

ただ、検査員によって対応状況は個人差がありそうです。
ちなみに、重量計測や計量器などは使われておらず、検査員がカバンを持ち上げた時の感覚で調べる人感方法が継続されてます。

 

 

手荷物検査体験談!

 

サンドイッチ持ち込みで初めて注意される。。。

 

ハロウィン2019を満喫すべく、意気揚々と入場ゲートの行列に並ぶ。
今回持ち込んだ荷物は、

 

  • 水( ペットボトル500ml 3本 )
  • サンドイッチ
  • タオル
  • 財布
  • スマホ
  • 一眼レフカメラ
  • モバイルバッテリー

検証用の一人旅なので、こんな感じ

 

夏ユニバで持ち込んだものとほぼ一緒で、

 

手荷物検査なんて余裕だろ!

 

と、高を括ってたら初めて注意を受ける。

 

ペットボトルの持ち込みは大丈夫ですが、サンドイッチはパーク内で食べないでください

 

素直に、『 はい。。。』と従う私。
入場断られるかな?って不安がよぎりましたが、無事入場。

 

もちろん、サンドイッチはパーク内で食べることはなく。
賞味期限が切れたので、もったいない気分一杯でホテルにて処分。

 

 

手荷物検査スタート以降、初めて注意されてしまいドキドキしました。
次回からは、食べ物の持込みは辞めようと固く決心した次第です。

 

 

 

飲食物持ち込みは禁止だけど

 

今回の調査で判明したことは2つ。

 

  • ペットボトルの持ち込みは、常識の範囲内なら注意されない
  • 軽食の持ち込みは微妙

 

飲食物持ち込みは、ルールが厳格化されている印象。
持ち物検査スタート直後は、やや緩めのルールでしたが徐々に厳しくなっていると実感。

 

今後、更に厳しくなっていくと予想。
2019年内には、完全にルール通りになると推察しています。

 

 

食べ物の持ち込みについて

 

公式HPで公表するお弁当などの持ち込みは難しいと思います。
前述の通り、サンドイッチ持ち込みで初めて注意を受けました。

 

おにぎりも同様の注意を受けると思われます。
ただ、2019年9月現在入場を断られることはなかった。

 

2019年11月にルールが更に厳しくなる予定で、このタイミングで食べ物持ち込みは一切NGとなる可能性も。
その場で処分しない限り、入場すら断られるかも。

 

まぁ、ルールでは食べ物の持込みは完全NGとなっているので、楽しいUSJライフを過ごすならルールに従うのが無難です。

 

 

飲み物の持ち込みについて

 

USJパーク内の飲食物販売価格は、市場価格より高額です。
いわゆる、“ ユニバ価格 ”というやつw

 

飲み物くらいは持ち込みたい

 

こんなゲストさん多いと思いますが、ペットボトル飲料なら飲み物の種類に限らず持ち込みOKとされる可能性が高いです。
コカ・コーラとコーヒー( ともにペットボトル )を持ち込みましたが、検査では注意されず。

 

ただ、冒頭でも少し紹介しましたが、缶コーヒーを持ち込みしようとした他のゲストさんが注意されていました。
同じ飲み物でも、容器によって持ち込み可否が決まっているようです。

 

あと要らぬトラブルを回避するには、持ち込む量は注意しておく必要があるかも。
私は、1回の入場で500mlペットボトル3本持ち込みました。

 

なお、USJの公式ルールでは、

 

ビンや缶入りのドリンク・アルコール類等の持ち込み禁止
水筒、ペットボトル(お一人につき500ml以下を1本まで)は、パーク内への持込みが可能です

 

となっています。
過剰の持ち込みはトラブルの原因になるので、不必要な持ち込みは避けたほうが良さそう。

 

2019年9月現在OKでも、いつNGになるかわかんないので要注意です。
ちなみに、お子さん用に水筒準備を考えているお父さん、お母さん。

 

1人に付き1本まで持ち込みはOKです。
しっかりと準備してあげてくださいw

 

 

厳格されたルール、禁止物持ち込みは注意が必要

 

禁止物持ち込みは、徐々に厳しくなりつつある。
ちなみに、持ち込みが禁止されている物の一部は下の通り。

 

  • 危険物、武器状の製作物
  • すべてのアルコール
  • 大きなカート、キャリーバック
  • ファーストフード、お弁当類、缶、ビンに入ったドリンク
  • カメラ用一脚、三脚、自撮り棒( 2019年11月13日以降 ) etc

 

詳細は、公式サイトで確認してください。公式サイトはこちら
実施に、これらの持ち物をパーク内に持ち込もうとした場合、最悪入場を断られます。

 

ただ、ほとんどの場合、原因が解消されたら入場することが可能!
以前、私の前に並んでいたゲストさんが、缶コーヒーを持ち込もうとして怒られてました( ;´Д`)

 

注意を受けた方は、検査場の空きスペースに追い込まれ、缶コーヒーを空にするまで入場はお断り。
かなり厳しく指導されていたように思います。

 

 

スーツケース、大型荷物は持ち込み禁止へ

 

事前の情報では、スーツケースなどの大きな手荷物も検査対象とされてました。
が、実際にパークを訪れてみると、

 

持ち込み禁止!

 

になってました。
USJパーク外には、大型コインロッカーの数は限られているので、ホテルに預けるのが理想かもしれません。

 

オフィシャルホテル宿泊の方は、事前に仮チェックインを済ませ大型荷物は預けましょう!
ホテルによって対応は異なりますが、時間関係なくほぼ預かってくれているのが現状です。

 

それも、無料で!

 

ちなみに、私は以下のホテルをよく使いますが、一度も断られたことはありません。もちろん無料です。

 

  • ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

 

オフィシャルホテル以外を利用の方は

 

大阪市内のホテルを利用することになると思いますが、オフィシャルホテルほど対応が充実しているかどうかはホテルによって違うと思います。
特に、初日は大きな問題。

 

JRを利用してUSJ行くなら、大阪駅のコインロッカーに大型荷物は預けておくのが無難です。( 西九条駅にもロッカーありますが、数は少ないので )
必要な手荷物だけ持ち、パークへ行くのが最適ではないかと思います。

 

検査場所は入場ゲート目前で実施

 

入場ゲートの目前に専用の検査スペースが用意されています。
パークに入場する全てのゲストが調査対象。

 

どんなに混雑してても、もれなく検査を受ける必要があります。
カバンの口を開けるなどして準備し、検査員の指示に従うとスムーズに終わります。

 

 

手荷物検査の基本… なぜやるの?いったい何を見てる?

 

公式発表では、

 

ゲストの皆さまにより安心安全にパークでお過ごしいただくため

 

とのこと。

その他の目的も想定されますが、主な理由はこれ以上のことはないと思います。

 

 

手荷物検査の目的は?なぜ実施するのか?

 

パーク内の安全確保が大きな理由だと考えます。
年々パーク入園者数が増加傾向にあるUSJ。

 

海外のゲストも増え、多種多様な人たちが一つの夢の国に集まっているわけで。
USJはパーク入場の際、多くのルールを設けています。

 

ただ、すべてのゲストがルールを知ってるわけではない。
その辺りを考慮して荷物検査に踏み切ったというのが大きな理由でしょう。

 

 

手荷物検査の流れ

 

手荷物検査員の前で、カバンやリュックの中身を見せることになります。
検査場所は、入場ゲートまで実施。

 

 

手荷物検査員は、いったい何を見ている?

 

大きく分けて3点だと思います。

 

  • 危険物
  • 飲食物
  • その他持ち込み禁止物

 

いわゆる、USJがパーク持ち込みを禁止しているものをチェックしています。
善良なゲストの方は、危険物なんて持ち込まないと思うので、ここはスルーさせてもらいます。

 

 

手荷物検査の流れ

 

手荷物検査の流れは、

 

  • 入場ゲート前に設置された検査台で実施
  • ゲート前でかばんの中身が分かるよう準備
  • 検査員による重量の確認
  • 検査員による中身の確認
  • 検査終了後パーク入場

 

こんな感じです。
問題なければ、1分程度で終了。長くても2分程度。

 

ゲストも検査には協力的な姿勢で!
鞄の口を開けておくなど事前準備しておくと、スムーズに検査が終了します。

 

 

 

処罰が厳格化!非協力的なゲストは入場拒否

 

 

パークへの入場をお断りすることがあります

 

やや、ふんわりした言い回しですが、入場拒否を明確にしました。
危険物の持ち込みは論外ですが、そこまで肩肘はる必要はないと思います。

 

体感的に。
ちなみに“ 食べ物 ”の持ち込みは、厳しくなっている予感がしています。

 

 

手荷物検査、指摘されたらその場で対応を

 

手荷物検査は、“ 肩肘張って身構える必要はないかな? ”といった感じ。

 

指摘されたら、その場で対応

 

これで大丈夫だと思います。
もちろん、明らかな違反物の持ち込みは論外です。常識の範囲内で。

 

『 面倒だなぁ~~ 』
『 注意されたらどうしよう 』
『 入園断られたら… 』

 

USJは手荷物検査を今後も継続して実施いくので、パークが制定したルールを守るのが無難。

 

ちなみに、USJはルール改正を定期的に行ってるので、パーク入場が決まったら事前にチェックしておくことをお勧めします。
最後のご案内![ 公式 ]ルールとマナーは、こちら

 

飲食物を持ち込む場合は、自己責任で。
パーク入園前に、あなたが手荷物検査でつまづかないことを祈っています。